【WineMine】20代OLがワイナリーを巡りつつ、ワイナリー設立を目指すブログ

日本各地のワイナリーを巡りながら、ワインを勉強しています。将来は自身でもワイナリーを設立したい。ワイナリー巡りやテイスティング、ワインの知識その他色々紹介していきます!

【ワイナリー巡り】Rue de Vinさんで大満足ランチをいただきました【長野】

日本各地のワイナリーを巡る旅を続けているChaikaです。

今回は、Rue de Vinさんに行ってきました!

 

大満足です。ぜひ行ってみてください〜!

 

ワンコを連れていたので、ワイナリー見学というよりは、レストランでランチをいただいて参りました。

外の席であれば、犬を連れて行ってもOK!

 

 

Rue de Vinさんはどういうワイナリー? 

どういった特徴のあるワイナリーさんなのでしょうか。

Rue de Vinさんの公式ホームページを拝見してみます。

(おしゃれだ。。。)

長野県東御市で葡萄の木を植え育て、ワインを作っています。
千曲川に沿うように開けたなだらかな斜面。ここはかつて一面に広がる豊かな林檎農園でした。全国で農業従事者の減少によって人の手が入らなくなった農地は荒廃の一途をたどっています。それはこの地も例外ではなく、人の侵入をも拒むような雑木の林へと変貌しています。
そして今、私達 Rue de Vin[リュードヴァン]は荒廃した農地にもう一度息吹を与え、豊かな農地を取り戻すべく葡萄の木を植え育て、ワインを造り始めました。健全な葡萄を育てるためには過度な農薬や肥料を使用せず、地面には草花が生い茂り、樹上には多くの昆虫が、土壌には多くの微生物が暮す豊かな生態系を作り出すことを実践しています。それはやがてこの地の力を引き出し個性的で表情豊かなワインへと繋がってゆきます。今ではシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールなどが育っています。乾いた風が斜面を吹き上がり、豊富な日射量と大きな寒暖の差を生み出すこの地からはやがて、偉大なワインが生み出される日も遠くないのかも知れません。
フランスはブルゴーニュ地方コート・ドールのように、いつか日本の“黄金の丘”と呼ばれる日のことを夢見て…。これから私達と一緒に、ワインのある豊かな食文化を創り上げましょう。

引用:Rue de Vin公式HPより

 

ワイン作り手さんの思いや、明確なビジョンが思いが伝わってきますね。

色々な背景でワイナリーを開かれていると思いますが、ワインの品質向上はもちろんのこと、「地方を元気にしたい」と言ったビジョンのあるワイナリーさんは個人的にすごく好きです。

 

まとめると。。。

  • 小規模なワイナリーで、併設されたレストランでフランス料理とワインが楽しめる。
  • 農業従事者減少によって荒廃した土地を立て直したいという思いがある。
  • 極力農薬や肥料を利用せず、自然な環境でワインを作っている。
  • ワインの品種はシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールが中心。

 

Rue de Vinさんの楽しみ方

さて、ではRue de Vinさんはどのように楽しめるのでしょうか。

見学コースといったものはHPでは確認できませんでした。(2018年9月現在)

 

カフェレストランでワインの有料テイスティングや、美味しいフランス料理に合わせてワインをいただくことができます。

ワインの購入もこちらでできます。

 

また、製造設備もありますので、そちらを自由にみたり、醸造家の方に少し話を聞くこともできました。

 

 

実際に、美味しいワインとお料理をいただいてきたので、こちらもご紹介します。

ちなみに、料金ですが、アラカルトでお料理は600円台〜、ワインの試飲は量にもよりますが300円代〜と良心的です。

 

私とドライバーMくんと二人で十分食べて、(私だけですが)ワインも好きに飲んで6,000円くらいでした。

 

ただ、平日は要予約で、休日の場合も予約しておいた方がベターです。

私たちはラッキーだったのか待ち時間なしで入れましたが、店内は満席で賑わっていました。

 

 

ロゼワインにリエットを合わせて。

リエットは臭みが全くない。。ロゼワインは説明を忘れてしまいましたが、複数のぶどうを使っているそうです。お肉にもしっかり合います。

 

 

お野菜のプレート。色鮮やかで、一品一品丁寧に作られているのがわかります。

ナスのゼリー寄せが特に美味しかったです。こちらは季節によって旬のお野菜を使っているみたいです。

 

店内で、パテ・ド・カンパーニュを食べていた他のグループの方が、なんとパテ・ド・カンパーニュのお持ち帰りもしていました。(すでに店内で食べてるのに。。。)

 

次回はこちらも試してみたいですね!(再訪する気満々!)

 

 

外の席ならワンコもOK!

写真はうちの愛娘です。

他のお客さんのワンコもお留守番していました。

 

 

駐車場裏には工作機械と葡萄の木。

 

Rue de Vinさんへのアクセス

Rue de Vinさんには、車と循環バスで行く方法があります。

 

私は今回ドライバーMくんにお願いして車で訪問しましたが、循環バスでヴィラデストワイナリーと合わせて行く方法もあります。

 

循環バスは「まるっと信州とうみ号」というもので、モデルコースも載っています。

tomikan.jp

これならドライバーが必要ないので、行った人全員でワインとお料理を楽しめますね^^

 

<カフェレストラン&ワインショップ>
土曜、日曜、祝日営業(AM10:00~PM5:00/平日は要予約)
〒389-0506 長野県東御市祢津405 » GoogleMap
Tel:0268-71-5973 Fax:0268-71-5983 

 

引用元:Rue de Vin公式HP

 

Rue de VinさんのChaika的お気に入り

Rue de Vinさんについての個人的なお気に入りの項目を紹介します♪

 

作り手さんの思い

地域を元気にしていきたいという作り手さんの思いがひしひしと伝わるワイナリーでした。

 

料理が美味しい

ワインって料理と合わせてみないとわからない。。と思います。

美味しい料理を楽しみつつ、ワインは何を合わせたらいいか、お店の人と相談できるのがとっても楽しいです。

 

再訪するのが楽しみです!

ただ、店内でいただいたロゼや白ワイン、美味しかったのですが車内が暑くなっていてワインの劣化が心配だったので、今回はワインを購入していないです。。。

 

東京のワインショップか、涼しくなってきた頃に再訪して、ワインを購入しようと思います!