【WineMine】20代OLがワイナリーを巡りつつ、ワイナリー設立を目指すブログ

日本各地のワイナリーを巡りながら、ワインを勉強しています。将来は自身でもワイナリーを設立したい。ワイナリー巡りやテイスティング、ワインの知識その他色々紹介していきます!

【ワイナリー巡り】マンズワインさん、キッコーマンの手がけるプレミアムワインメーカー【ソラリス】

マンズワインさんにいってきました。

 

 

マンズワインって、どんなワイナリー?

マンズワイン小諸ワイナリーとは、どういうワイナリーでしょうか?

1973年に、浅間山麓の歴史ある小諸の地に設立。ぶどう栽培から醸造・壜詰、蔵出し出荷まで一貫して行うプレミアムワイン「ソラリス」のふるさとです。自由に散策できる日本庭園、ぶどう畑をみわたせるレストラン、試飲コーナーの充実した売店でのんびりとお過ごしください。営業時間9時~17時、定休日 年末年始、工場点検日。毎年10月末の週末に収穫際開催(入場無料)。

出典:日本ワイナリー協会「日本のワイナリー一覧」(2018年9月閲覧)

 

キッコーマンの子会社のワイナリー(マンズワインの「マン」はキッコー「マン」のマン)ですが、大量生産ではなく、プレミアムなワインづくりに心がけるマンズワイン。

日本庭園もあり、見学したり散策も自由です。

今回、私は行けなかったのですが、レストランもあるので、ワインとあわせてお料理も楽しめますね!

 

マンズワインさんの楽しみ方(1)見学

受付はこちらです。

私は3分前に始まったツアーに参加させてもらうことになり、参加証などは書いてないのですが、通常ここで受付をしてスタートです。

 

所要時間は20分ほど、参加費は無料です。

 

 

最初は、ビデオを見せていただき、ワインへのこだわりなども学べます。

 

マンズワインでは、SOLARISというプレミアムワインシリーズを作っているのですが、SORALISシリーズでは、葡萄の選別は全て人の手で行なっているのだとか。。。

驚きのこだわりようです。

 

 

歴史のあるワイナリーなので、時代を感じさせる写真もたくさんあります。

 

 

ビデオ鑑賞などが終われば、工場見学にうつります。

参加人数は20人くらいでした。

 

葡萄畑の説明を受けた後、裏手の工場へ向かいます。

葡萄畑には、30種類くらいの葡萄が植わっているとのこと。

 

 

雨から守るため、マンズレインカット栽培という栽培方法を取っているのだとか。

マンズレインカット?となりますが、特殊なビニールシートのことだそうです。

ワイン用葡萄専用のビニールシートを開発しているんですね。

 

 

 

こちらのタンク、グラスライニングタンクといって、中はガラス。

6万4千本のワインが1つのタンクからできるそうです。

 

昔はワインの大量生産を行なっていたため、こちらのタンクを使っていたのですが、現在は少量のプレミアムワインを作る方針としたため、数個しか使ってないようです。

 

 

ひんやりとした熟成庫へ。

10−17度でワインの塾生をしているそうです。

 

樽はフレンチオーク。

 

ちなみに、1樽からできるワインのボトル本数ってイメージつきますか?

その数、なんと230L、約300本だそうです!(豆知識)

 

 

瓶詰めの装置も稼働してないですが、見せてもらいました。

こじんまりとした感じです。

 

 

マンズワインさんの楽しみ方(2)試飲

約20分間の見学の後には、試飲を。

20〜30種類くらいのワインは無料で試飲できます。

 

SOLARISブランドのワインは、カウンターで有料試飲になります。

「赤ワインコース」「白ワイン辛口・甘口コース」に別れていて、それぞれ3種類の赤ワイン・白ワインを試飲でき、500円です。

 

私は赤・白の有料試飲をしました。

ちなみに試飲代の500円ですが、SOLARISワインを1本買うごとに返金されるという嬉しい仕組みです(^^)

 

信濃リースリングというぶどうは、マンズワインオリジナルの品種とのことです。

特徴があり、面白かったです。

 

 

売店での試飲の様子です。

他にも、ワイナリーでしか買えないワインもありました。

 

 

私はSOLARIS信濃リースリングを購入♪

 

キッコーマンのワイナリーということもあり(!?)、なぜだかデルモンテ(キッコーマンの子会社)のガスパチョをいただきました。(笑

 

 

マンズワインでChaikaが買ったワイン

 

やっぱり、白ワインが好き(笑

ワインコンクールで銀賞を受賞している、ソラリスの信濃リースリングを購入しました。カウンターで有料試飲して、一番個性的だったのがこちら。

 

信濃リースリング、というのはリースリングという葡萄から、マンズワインが独自に品種改良をしたものだそうです。

キレ味がよく、酸が強めなので、日本食に合わせたいと思い購入しました。

 

プレミアムワインなので、価格もちょっとお高めですが、一番好きなワインでした。

 

 

Chaika的おすすめ度

見学・試飲が楽しめるマンズワイン。

ホスピタリティもとっても良く、取っても充実しています♪

代表プレミアムワインのソラリスは、海外でも多数賞を受賞しているようで、今後も注目のワイナリーですね。

 

ワイナリーを楽しめる度:★★★★☆

ワインの美味しさ:★★★☆☆

 

見学も試飲も充実しています。

特に予約も必要ないので、ふらっと立ち寄っても楽しめます。

ぜひマンズワインさんに足を運んでみてくださいね。

 

【ワイナリー巡り】Rue de Vinさんで大満足ランチをいただきました【長野】

日本各地のワイナリーを巡る旅を続けているChaikaです。

今回は、Rue de Vinさんに行ってきました!

 

大満足です。ぜひ行ってみてください〜!

 

ワンコを連れていたので、ワイナリー見学というよりは、レストランでランチをいただいて参りました。

外の席であれば、犬を連れて行ってもOK!

 

 

Rue de Vinさんはどういうワイナリー? 

どういった特徴のあるワイナリーさんなのでしょうか。

Rue de Vinさんの公式ホームページを拝見してみます。

(おしゃれだ。。。)

長野県東御市で葡萄の木を植え育て、ワインを作っています。
千曲川に沿うように開けたなだらかな斜面。ここはかつて一面に広がる豊かな林檎農園でした。全国で農業従事者の減少によって人の手が入らなくなった農地は荒廃の一途をたどっています。それはこの地も例外ではなく、人の侵入をも拒むような雑木の林へと変貌しています。
そして今、私達 Rue de Vin[リュードヴァン]は荒廃した農地にもう一度息吹を与え、豊かな農地を取り戻すべく葡萄の木を植え育て、ワインを造り始めました。健全な葡萄を育てるためには過度な農薬や肥料を使用せず、地面には草花が生い茂り、樹上には多くの昆虫が、土壌には多くの微生物が暮す豊かな生態系を作り出すことを実践しています。それはやがてこの地の力を引き出し個性的で表情豊かなワインへと繋がってゆきます。今ではシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールなどが育っています。乾いた風が斜面を吹き上がり、豊富な日射量と大きな寒暖の差を生み出すこの地からはやがて、偉大なワインが生み出される日も遠くないのかも知れません。
フランスはブルゴーニュ地方コート・ドールのように、いつか日本の“黄金の丘”と呼ばれる日のことを夢見て…。これから私達と一緒に、ワインのある豊かな食文化を創り上げましょう。

引用:Rue de Vin公式HPより

 

ワイン作り手さんの思いや、明確なビジョンが思いが伝わってきますね。

色々な背景でワイナリーを開かれていると思いますが、ワインの品質向上はもちろんのこと、「地方を元気にしたい」と言ったビジョンのあるワイナリーさんは個人的にすごく好きです。

 

まとめると。。。

  • 小規模なワイナリーで、併設されたレストランでフランス料理とワインが楽しめる。
  • 農業従事者減少によって荒廃した土地を立て直したいという思いがある。
  • 極力農薬や肥料を利用せず、自然な環境でワインを作っている。
  • ワインの品種はシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールが中心。

 

Rue de Vinさんの楽しみ方

さて、ではRue de Vinさんはどのように楽しめるのでしょうか。

見学コースといったものはHPでは確認できませんでした。(2018年9月現在)

 

カフェレストランでワインの有料テイスティングや、美味しいフランス料理に合わせてワインをいただくことができます。

ワインの購入もこちらでできます。

 

また、製造設備もありますので、そちらを自由にみたり、醸造家の方に少し話を聞くこともできました。

 

 

実際に、美味しいワインとお料理をいただいてきたので、こちらもご紹介します。

ちなみに、料金ですが、アラカルトでお料理は600円台〜、ワインの試飲は量にもよりますが300円代〜と良心的です。

 

私とドライバーMくんと二人で十分食べて、(私だけですが)ワインも好きに飲んで6,000円くらいでした。

 

ただ、平日は要予約で、休日の場合も予約しておいた方がベターです。

私たちはラッキーだったのか待ち時間なしで入れましたが、店内は満席で賑わっていました。

 

 

ロゼワインにリエットを合わせて。

リエットは臭みが全くない。。ロゼワインは説明を忘れてしまいましたが、複数のぶどうを使っているそうです。お肉にもしっかり合います。

 

 

お野菜のプレート。色鮮やかで、一品一品丁寧に作られているのがわかります。

ナスのゼリー寄せが特に美味しかったです。こちらは季節によって旬のお野菜を使っているみたいです。

 

店内で、パテ・ド・カンパーニュを食べていた他のグループの方が、なんとパテ・ド・カンパーニュのお持ち帰りもしていました。(すでに店内で食べてるのに。。。)

 

次回はこちらも試してみたいですね!(再訪する気満々!)

 

 

外の席ならワンコもOK!

写真はうちの愛娘です。

他のお客さんのワンコもお留守番していました。

 

 

駐車場裏には工作機械と葡萄の木。

 

Rue de Vinさんへのアクセス

Rue de Vinさんには、車と循環バスで行く方法があります。

 

私は今回ドライバーMくんにお願いして車で訪問しましたが、循環バスでヴィラデストワイナリーと合わせて行く方法もあります。

 

循環バスは「まるっと信州とうみ号」というもので、モデルコースも載っています。

tomikan.jp

これならドライバーが必要ないので、行った人全員でワインとお料理を楽しめますね^^

 

<カフェレストラン&ワインショップ>
土曜、日曜、祝日営業(AM10:00~PM5:00/平日は要予約)
〒389-0506 長野県東御市祢津405 » GoogleMap
Tel:0268-71-5973 Fax:0268-71-5983 

 

引用元:Rue de Vin公式HP

 

Rue de VinさんのChaika的お気に入り

Rue de Vinさんについての個人的なお気に入りの項目を紹介します♪

 

作り手さんの思い

地域を元気にしていきたいという作り手さんの思いがひしひしと伝わるワイナリーでした。

 

料理が美味しい

ワインって料理と合わせてみないとわからない。。と思います。

美味しい料理を楽しみつつ、ワインは何を合わせたらいいか、お店の人と相談できるのがとっても楽しいです。

 

再訪するのが楽しみです!

ただ、店内でいただいたロゼや白ワイン、美味しかったのですが車内が暑くなっていてワインの劣化が心配だったので、今回はワインを購入していないです。。。

 

東京のワインショップか、涼しくなってきた頃に再訪して、ワインを購入しようと思います!

 

アパレルメーカーの手がける綺麗な高品質ワイン:シャトージュン・ワイナリー

勝沼ワイナリー巡り。

 

ぶどうの丘に登っていく途中、ぽつんと目立つワイナリーさん。

シャトージュンです!

 

f:id:winemine:20180828133813j:image

 

ファッションメーカー「JUN」のワイナリーとして、1979年に誕生しました。小さなワイナリーだからこそ、ぶどうに正直なワインを目指しました。栽培農家と一緒に、より良いワインをお届けしようと日々励んでいます。ぶどうは甲州種を中心に、欧州系品種セミヨン、シャルドネなどのほか、カベルネソービニヨンやメルロなども少量ながら栽培しています。

 

出典:日本ワイナリー協会HP

ファッションメーカーのワイナリーなんですね!

 

f:id:winemine:20180828133817j:image

 

外観はこんな感じでこじんまりしてます。

入ろうとしたらドアにclosedと書いてあったけど、おやすみかー泣と思ったら、醸造家の方が

 

どうぞ!!

 

と声がけしてくださいました。

タイミングよく入れて良かった(o^^o)

 

f:id:winemine:20180828133853j:image

 

数種類をテイスティング

ぶどうの丘がえりで、ワインを浴びるほど試飲した後なので笑、もうあまり味のレポートはできそうにないです…泣

 

ショップの後ろには製造設備もすこし見えます。

ファッションメーカーが母体のワイナリーということもあり、アパレルなども少しありました。

 

 

f:id:winemine:20180828133909j:image

 

山梨県の美術館とコラボしたボトルだそうです。

勝沼のいくつかのワイナリーでも行われた取り組みみたいですが、ボトルとってもおしゃれでそれだけで買いたくなる。

私は奥のマスカットベーリーAの赤ワインを購入しました。

 

f:id:winemine:20180828133828j:image

 

個人的にはこちらのワイン、大好きです!

今度テイスティング内容も更新します!!

牛久シャトーに行ってきました⑵

牛久シャトーの記事をあげると書いていたのに随分と時間たってしまいました。

 

売店や、見学施設を紹介します〜

 

 

 

ショップ入り口

 

 

ワインは、赤白ロゼとあります

 

 

カウンターでは試飲もできますよ!

 

 

なぜ鍛高譚がw

 

 

主要なワインは全部試飲できます。

プラカップに注いでいただくのですが、結構なみなみとついでいただいてこの時点でほろ酔いに笑

 

香竄葡萄酒は養命酒のワイン版みたいな感じで、生薬がたくさん入っており、口当たりも甘口でまろやか。

 

店員さんに、「マイルドな養命酒みたいですね」と言ったところ、

養命酒より入っている生薬の種類は多いんですよ(^^)」と教えていただく。

 

アルコール度数も高めですが、結構お薬代わりに買っていく方も多いとか。

 

試飲楽しかった。

私の一番のお気に入りはセラー白でした!

 

 

 

ビールもたくさん並んでますね!

次は国の重要文化財に指定されている蔵を見学しに参ります!

 

 

赤煉瓦が重厚な感じ。入り口です。

 

 

入っていくと、大きな樽が。

 

 

かつてワイン熟成に使われていた樽が並んでいます。

今は流石に使われていないでしょう。

壮観です!

 

こちらの1階から階段を登っていくと

 

 

イカラさんがお出迎え〜

 

 

年季の入った道具が並んでます。

 

ハチブドー酒。

歴史を感じますね。

 

 

そのまま地下ワインセラーにいけます

 

研究室です。

当時使われてたビーカー(?)やフラスコ(?)が並んでいます。

 

美術館は歴史を感じられて良かったです!!

次回は牛久シャトー内のフレンチレストランでのランチをご紹介します!!

シャンテワイン ワイナリー試飲

勝沼ワイナリー巡り。

 

前に行って試飲させていただき、THE甲州という白ワインが大のお気に入りだったので再訪です。

 

醸造をリタイアしたというオーナーさんが詳しく説明してくれ、どんどん試飲させていただけます。

 

f:id:winemine:20180826184040j:image

 

こんなにずらり…

飲みながら、オーナーさんと話がはずむはずむ笑

いまは、フランスで醸造を勉強された息子さんがワイン造りをされていて、オーナーさんはほとんど関与していないのだとか。

 

でも、ダイヤモンド酒造の名前の由来やワインへのこだわりなど、作り手さんのお話を聞きながらだとワインへの理解と深まっていいですね。


f:id:winemine:20180826184045j:image

 

雑誌でも高評価というダイヤモンド酒造の白ワイン。

 

見学は現在は一般向けでは行ってないとのこと。

(オーナーさんいわく、見ても面白いものがないから…とのことです)

 

ショップで試飲したり、醸造家さんとお話できるだけでも楽しいです。

今回もTHE甲州中心に大量購入してしまいました。

 

シャンテワイン

試飲可(無料)、見学不可

ホームページ↓

http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/

アクセス↓

http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/map.html

10:00-17:00

 

株式会社ダイヤモンド酒造
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎880
TEL0553-44-0129 FAX0553-44-2613

ホンジョーワイン ワイナリーで試飲

勝沼ワイナリー巡り。

 

くらむぼんワインのすぐ近く、ホンジョーワインさんに行ってきました。

見学もできるようですが、この日は試飲のみ。

 

f:id:winemine:20180826183200j:image

 

奥には、ワインボトルが並んでいますが、応接室のような作りです。


f:id:winemine:20180826183204j:image

 

試飲できますか?と聞いてみると、快く受け付けてくださいます。


f:id:winemine:20180826183152j:image

 

まずは白から。


f:id:winemine:20180826183147j:image

 

色々飲ませていただけます。

この段階で結構ワイナリーを巡ってたので、細かく味は覚えてなかったです…

 

お土産には、白の甲州を一本いただきます。

後日、テイスティングもレポートしますね!


f:id:winemine:20180826183156j:image

 

見学は予約してなかったのですが、ちらっと製造施設はのぞけます。

次回は予約をして、見学もさせていただこうと思います。そしてちゃんとテイスティングしてきます!

 

ホンジョーワイン

HP↓

http://www.iwasaki-jozo.com

見学・試飲 可能(無料)

 

 

MGVsワイナリー見学&試飲

勝沼ワイナリー巡り。

 

2015年に設立されたというMGVsワイナリー。

もともと半導体を作る会社が始めた理系ワイナリーとして有名です。

 

製造工程は見学できませんが、施設をみることくらいはできるようです。

ぶどうの丘では一回の売店でプレミアムワインとして並べられていて、ボトルがおしゃれで気になってました。ぶどうの丘地下の試飲ができるカーブでは試飲がみつからず、味は確かめられなかったのですが、なんだか期待も高まります笑

 

f:id:winemine:20180826185739j:image

 

外観からとってもおしゃれです!

もともと、工場だったものをリノベーションしたのだとか。


f:id:winemine:20180826185753j:image

 

エントランス左には予約のスペースも。食事もできるのかな?


f:id:winemine:20180826185817j:image

 

エントランス。


f:id:winemine:20180826185749j:image

 

ショップ入り口


f:id:winemine:20180826185735j:image

 

ショップの陳列も洗練されています。

 

さてさて、試飲を…!

有料で試飲ができます。

 

f:id:winemine:20180826185744j:image

 

なんというラッキー(^ ^)

本日リリースしたばかりという2017年のワインも試飲できます。

リリース日に行けるなんて…!


f:id:winemine:20180826185810j:image

 

なんだろこの機械?と思ってたら、試飲のためのものだとか。

ルミエールワイナリーで見たのと似ているな、と思っていました。


f:id:winemine:20180826185805j:image

 

横から盗み聞き笑していたのですが、機械を買うと値段がはるので、この会社がオリジナルで作ってしまったとのこと。

さすが母体事業が半導体製造会社…!


f:id:winemine:20180826185725j:image

 

テイスティングはこんな感じで。

穂坂甲州は2016と2017を飲み比べ。

 

あとおすすめの甲州大川久保2017をいただきます。

 

ワイン名称は全て「K131」のように四文字になっています。

 

一文字目がぶどうの品種を表し、

二文字目が畑を表し、

三文字目が果汁の絞り方、

四文字目が熟成の方法。

 

わかりやすく明確です。

穂坂甲州は2016と2017だと結構違いを感じました。

同じ畑のぶどうでも、製法がちがうからですね。

 

f:id:winemine:20180826185802j:image

 

テイスティングのカウンターはこんな感じ。


f:id:winemine:20180826185730j:image

 

お洒落なオリジナルグッズも売っています。


f:id:winemine:20180826185757j:image

 

カウンター奥の設計図!


f:id:winemine:20180826185814j:image

 

本日リリースしたばかりの穂坂甲州2017を購入。

2016年は樽で熟成させたり、シュールリー製法を使ったりしているそうですが、こちらはステンレス製の樽の熟成なので酸味も強いです。

 

お寿司に合わせると美味しいですかねーなんて、醸造家と思しき店員さんと話し合いながら購入(^ ^)

 

自社畑のぶどうを使ったワインが一番思い入れがあるとのこと。

お値段もそれなりなので、そちらは手が出ませんでしたがいつかは飲みたい!

 

アクセスは車でなければ難しいですが、タクシーで来ているグループもいました。

 

MGVsワイナリー

ホームページ↓

https://mgvs.jp